• Ikumi Mochida

読書で視野を広げる

更新日:2021年11月28日



リベルテを始めたきっかけは、2020年に読書会を開催したことが始まりでした。

当時は「朝7時半に東京大手町のDean&Delucaで一緒に読書をする」という会でした。

もともと、私が「早朝に外国っぽいカフェで読書している自分になりたい」という

目標を立て、それを叶えるために始めた会でした。


この理想は、私だけでなくみなさん多少はあるのでしょう

「ぜひ参加させてください!」と勢いのある応募はあるけれど、

朝にはみなさん「ごめんなさい寝坊しました!」という理由で参加者は私だけ。

当日に誰も来ないのは良くありました(笑)


それでも早朝のカフェで一人で開催していました。

「人来ないな〜」「朝だからかな〜」仕方ないと思いつつ

時間通りに来てくれる方もいるので、参加者に感謝をしつつ3月まで開催していました。


3月になって、コロナが始まりオンラインに切り替え、

「時代はオンラインでしょ!」ほんと毎日、朝6時と7時に開催。

4月までは共同主催と一緒に開催し。

6月からかな?「読みとも」として一人で開催し始め、ほぼ毎日開催していました。


ほぼ毎日やることで見えたこと


毎日読書会をすることで、見えたことは沢山ある


・本というツールを通して集まる方は変な人少ない

・そして本好きは高学歴

・本の内容を本気でやったら人生変わること

・日本各地に友人ができる


オンラインというツールは、日本各地&世界の方が参加できるから出会いが面白い

台湾出身の日本語を勉強している大学生とか参加してくれました。

そんなこんなで、ほぼ毎日開催してたのです。

まぁ、2021年になって毎日はやめました。


やめた理由は、「朝起きれない夢を見る」という夢を見る日が何度も続いたからです。

朝起きなきゃいけないプレッシャーに耐えきれなくなったのでやめました。

今は、週3回の開催をしております。(それでも「起きれない」夢は見ます)


正直にいうと、2021年の1年間は読書会を今後も続けるか、やめるか迷っています。

2020年にやり切った感がすごくあり、燃えつきました。

今後何年も同じことを一人で続ける気力は正直ありません。

リピーターさんがついてくれて、その方達がいるから今続けていれます。

今後どう続けていくかずーっと悩んでいた・・・それが2021年でした。


2021年には一人リピーターさんが、土曜日を担当してくれることになりました。

参加してくれている福嶋さんにはほんとうに感謝しております。


2020年は、

①参加してくれる人を増やす

②本と人をつなげるコミュニティを作り

③本の内容を元に、チームで学ぶ塾?勉強チームを作る

この3つが目標です。


「本と人」この2つをキーワードに読書会を進めていこうと思います。


読みとも主催 リベルテ持田



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示